障子が悪いときの調整方法【尼崎 時友畳商店】

公式ホームページへ お問い合わせはこちら

障子が悪いときの調整方法【尼崎 時友畳商店】

障子が悪いときの調整方法【尼崎 時友畳商店】

2020/12/04

窓を開けるときに障子を開けないとあけられないことがあります。

障子の動きが悪いとちょっとストレスを感じます。

そんなときは障子を少し削って調整します。

まずは全体を小さくするために上側を削ります。

その時は普通の鉋(かんな)で削ります。

 

どれくらい削るのかは確認しながら削ってください。

障子の動きが固いのは枠に当たっているから、動きが止まってしまっていることが多いです。

すると、溝の部分を削らないといけません。

溝を削るには普通の鉋では削ることはできないので、クシ鉋を使います。

クシ鉋は端を削ることができるので便利です。

それほど特殊な道具ではありませんので、ホームセンターで売っています。

溝を削るのも調整しながら削ってください・

多めに削っても問題はありませんが、がたつきが大きくなることがあります。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。