障子の動きが悪いときの調整方法

公式ホームページへ お問い合わせはこちら

障子の動きが悪いときの調整方法

障子の動きが悪いときの調整方法

2020/12/04

年末に大掃除をします。

一緒に障子の張り替えをする方も多いと思います。

それで障子の動きが悪く途中で止まってしまうこともあります。

そんなときは障子を削って動きやすくします。

削るのはもちろん鉋(かんな)ですが、2種類必要です。

普通によく見る鉋と、クシ鉋。

 

クシ鉋は溝を削るときに必要です。

障子が固くて動きが悪いのは溝が障子の枠に当たっていることが多く、この溝の部分を削らなくてはいけません。

なので、溝を削るくし鉋が重要です。

くし鉋はそれほど特殊な道具ではないので、ホームセンターで売っています。

削り過ぎには気をつけて調整してくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。